厚生労働省が示す

日本人の食事摂取基準によると、

一般的な葉酸の摂取量の目安は、

成人の場合は240μg
とされています。

妊娠初期に必要な葉酸の摂取量


ただし、これは妊娠をしていない

成人の目安であり、

妊娠をしている場合は

プラス200μgの440μgの葉酸が

必要摂取量の目安
となっています。





妊娠中は1日に400μgの葉酸が必要



ちなみにまだ妊娠をしていなくても、

妊娠を計画していたり

可能性があるという方は、

1日に葉酸を400μgを摂るのが

望ましいと
されています。



厚生労働省の基準で

葉酸がこれだけ必要と

言われているのですから、


妊娠初期は特にしっかりと

葉酸を摂取しなくてはいけません




ですが、葉酸が

どのような食べ物に

どれぐらい入っているかというのが

分からないという方も

多いのではないでしょうか。





葉酸を多く含むのは果物や野菜、レバー


葉酸は主に果物や野菜、

レバーに含まれています。

葉酸を多く含むのは果物や野菜、レバー

100gあたりの含有量は、

もっとも多いのが

鶏レバーで1300μg、


次いで牛レバーが

1000μgとなっていますが、


葉酸は野菜や果物から

摂るのが理想的
です。



野菜だと

からし菜310μgや

水かけ菜は240μg、

他にもほうれん草やブロッコリー、


果物だといちごやマンゴーなどに

葉酸は豊富に含まれています。





葉酸の摂取上限は1000μg



ここで心配になるのが、

過剰摂取による

葉酸の副作用かもしれません。



葉酸の摂取上限は

1日1000μg
となっているので、



例えばからし菜が大好きという方だと

葉酸を摂取しすぎる

不安があるでしょう。



葉酸を摂りすぎると、

食欲不振やむくみ、

吐き気や不眠症が

起こることも
ありますし、


赤ちゃんが喘息に

なりやすくなるとも言われています。





食べ物から葉酸を摂りすぎることない!



ですが、葉酸が

たくさん含まれている食材を食べても、

葉酸は基本的に吸収率が悪いので

食べ物から葉酸を

摂りすぎることはほとんどありません




また葉酸は、

水溶性ビタミンになるため、

過剰摂取した分は

尿として排出されてしまいます。



ですので、葉酸の副作用に関して

心配する必要はないと言えます。

葉酸の副作用に関して心配する必要はない


それでも、葉酸の過剰摂取が

心配という方は、


逆に葉酸の含有量がきちんと分かって、

毎日決められた分だけ飲めば

葉酸をしっかり摂取できる

サプリメントを

利用するといい
でしょう。



サプリメントなら

用法用量を守れば

葉酸を過剰摂取することはない
ので、

安心して必要な分の

葉酸を摂取できるのでお勧めです。